翻訳・ローカリゼーションマネジメント (TLM)

翻訳・ローカリゼーションマネジメントを学びませんか

翻訳・ローカリゼーションマネジメント

翻訳・ローカリゼーション管理は、翻訳テクノロジー、および経営管理の3つの領域を中心にプログラムが構成されています。

翻訳

翻訳の領域では、必修・選択科目を通じて学生の翻訳スキルと言語能力を高め、異文化理解を深めます。

テクノロジー

テクノロジーの領域では、翻訳メモリ・機械翻訳、ターミノロジー(用語集)管理、ソフトウェア・ウェブサイトのローカリゼーション、プロセス標準化、IT・ワークフロー戦略、プロジェクト管理について学びます。授業で使用するツールの例としては、Across Language Server、Google Translate、Google Translator Toolkit、Lingotek Collaborative Translation Platform、SDL MultiTerm、SDL WorldServer、SDL Trados Workbench、Systranなどがあります。

経営管理

経営管理の領域では、プロジェクトマネジメント、多言語マーケティング、経営経済学、商品開発、国際経営戦略といった経営管理に欠かせない分野を学びます。

専攻言語

翻訳・ローカリゼーションマネジメントでは、中国語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語を専攻することができます。すべての言語が英語との組み合わせで、両方向の翻訳となります(ただし、ポルトガル語については英語からポルトガル語への翻訳のみです)。

翻訳・ローカリゼーションマネジメントのインターンシップ

アメリカ内外のインターンシップを通じて学生は貴重な職務経験を積み、授業を補完するような分野別の知識を得ています。翻訳・ローカリゼーションマネジメントのインターンシップについてはこちらをご覧ください。

卒業後の進路

卒業生は世界中の企業、政府系機関、NGOで、またフリーランスとして活躍しています。以下は卒業生の就職先の一例です。

活躍する卒業生の進路についてはキャリアのページをご覧ください。

Proofread and edited by Monterey Institute alum Keitaro Morita.